ヘルプ

水タバコのカフェ, ヨルダン Waterpipe cafe in Amman,Jordan

  • 503

写真: 水タバコのカフェ, ヨルダン Waterpipe cafe in Amman,Jordan

写真: ヘミングウェイ常宿ロビーJazz in  lobby bar ,Ambos Mundos 写真: シルクロード隊商宿のカフェ Restored Caravansaray,Silk Road

          ☆アンマンで水煙草吸うお元日

ヨルダンJordanの首都アンマンAmmanの水煙草のカフェの様子。2000/01/01 22時頃
りんごのフレーバー付けがなされた煙草をふかした。ここが2回目。初回はベイルートからシリアのダマスカスに入った夜、アゼム宮殿の露地を入った所で初体験。
左手に持っているのが吸い口(マウスピース)、この部分は客ごとに交換するので安心。
ちなみに、成人になると髭を蓄える国が多いが、ここヨルダンで口髭が人気のようだ。ウズベキスタンでは頬や顎にも蓄えて、髭の中に目・鼻があるといったほうが良いような老人をよく見かけた。

水タバコは、喫煙具の一種で水煙管や水パイプとも呼ばれる。
基本的な構造は専用の香り(フレーバー)付けがされたタバコの葉に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通し吸うというもの。
中近東では喫茶店に置いてあることが多く、昼間から喫茶店で男性が水たばこを嗜む姿を良く見かける。
なお、後ろ向きの男が頭にかぶっている布は、クーフィーヤ (Kufiya) またはカフィエ(keffiyeh/kaffiyeh)と呼ばれ、アラビア半島社会で男性が頭にかぶる装身具、帽子である。
今は亡きPLOのアラファト議長が、これをかぶった姿をテレビでよくみかけたものである。

A hookah(also known as a waterpipe, shisha, or by other names)is a instrument for
vaporizing and smoking flavored tobacco called shisha in which the vapor or smoke is passed
through a water basin before inhalation.
In the Middle East and Arab world, people smoke waterpipe as part of their culture and
traditions.

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。